このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

『すべての子どもの最善の利益のために』の理念のもと、「子どもが今を幸せに生きる」「すべての子どもに、明日を生きる力が育つ」を目指して保育に取り組んでいます。

1月26日の育児講座に雪がちらつく中、たくさんの方々においで頂きありがとうございました。今回は玉川大学 教育学部 乳幼児発達学科 准教授 田澤里喜先生をお招きして「子育てに大切なこと」についてご講話を頂きました。

子どもは、【基本的生活習慣の習慣…①食事②睡眠③排泄④衣服の着脱⑤清潔】を身に着けることが大切というお話がありました。

「忙しい生活の中で、すべてを身に着けることは難しい。今の自分(親)にできることを見つめなおして、日々努力していけたら素晴らしいですね。」とありました。
中でも、睡眠(早寝・早起き)や朝食をとることは、学力と因果関係があると、データーを基にして説明されました。特に睡眠は同じ時間に寝て起きる習慣が大切だと話されていました。大人の行動が子どもの成長に影響を与えることを考えると、子どもたちが未来に向かって生きていく力をつけていくために、大人たちが良いお手本を子どもたちに見せていきたいですね。

1月24日の朝、大分市の保育園敷地内で、園児が別の保護者の運転する車にはねられて死亡するという痛ましい事故が発生しました。お子さんの園への送迎の際は、車の運転に気を付け、駐車場内ではお子さんと手を繋いで移動をしていただきますよう重ねてお願い申し上げます。

保育料無償化について

平成31年10月より幼児教育の無償化が施行されます。とかく物事新しい事には良い話題ばかりが先行しがちです。しかしながら、無償化といってもすべて「タダ」と言う訳ではないようです。

こども園の場合、旧制度との関係で1号認定(幼稚園在籍)については一部上限があるようです。 また、保育の必要性の認定についての重要度は従前とほぼ変わらないと言ったところでしょう。 給食費については、みんなの森こども園では現行は2号認定の子どもは主食費のみを、1号認定の子どもは給食費を頂いておりますが、これが制度施行後は給食費として、1、2号認定ともに主食費(ごはん)+副食費(おかず)を頂く事になりそうです。また、いわゆる3号認定(0~2歳)については、住民税非課税世帯のみ無償化で、給食費については1、2号認定同様に有償になりそうです。いわゆる様々制度の違っていた幼稚園、保育園を平等に無償化しようとしているため、このような複雑な仕組みになってしまっています。無償化する事自体が果たして子どもの教育・保育のためであるのか?と言った論議もくすぶっている様です。いずれにしても、流動的になる可能性も指摘され、しばらくは注視が必要です。

おしらせ

職員 産休:2月1日 甲斐 主幹保育教諭

行事のおしらせ

  • あおぞらルーム(9時30分~11時) 参加される方は、申し込みお願いします。
  • 2月13日は、大分市の小学校や公民館で育児講演会や読み聞かせ等で活躍しているハッピー里ちゃんの育児講演会です。
  • 2月20日は子どもの保育体験です。

3月行事のお知らせ

各行事とも詳細は後日ご案内します
3月23日(土) ぞうぐみ卒園式・弁当日・・・卒園式に職員参加の為、お仕事以外のお預かりはご遠慮くださいますよう、お願い致します。卒園式当日は、乳児室にて保育を行います。
3月28日29日30日は、バスの運行はお休みします。

今月の行事

pagetop