このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

食事について
School lunch

食育だより

暦のうえでは春ですが、一年で最も寒いのが2月です。
風邪やインフルエンザ等が流行する時期です。手洗い・うがいをしっかりと行い、バランスの良い食事と十分な睡眠等の予防策をしっかりとるようにして、寒さに負けないようにしましょう!

節分

節分は、「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、悪いものを追い出す日です。  「鬼は外、福はうち」と言いながら豆まきをします。

どうして豆をまくの?
悪いものを追い払い、福を呼び込むために、豆まきをします。  鬼に豆をぶつけて、悪いものを追い出すというイメージです。  ずっと昔に鬼を豆で退治したところから由来しているそうです。  大豆には、たくさんの栄養が含まれているから、鬼を追い出すパワーがたくさんつまっています。
豆を食べよう
豆まきをした後は、豆を食べましょう。
豆を自分の歳の数だけ食べると、体が丈夫になって病気になりにくいと言われています。
場所によっては自分の歳の数よりも1つ多く食べるところも。数をかぞえながら食べてみましょう。
大豆のパワー
大豆はさまざまな栄養素が含まれているバランスの良い食材です。
大豆のたんぱく質は、野菜や穀物よりも肉に近いので、「畑の肉」ともいわれています。
大豆からは、もやし・枝豆・油・きなこ・みそ・しょうゆ・豆腐などさまざまなものが作られます。
いろいろな料理を食べて、大豆パワーを吸収しましょう。
恵方巻を食べよう
節分の日の夜に、その年の恵方を向いて、願い事を思いながら一言も話さずに食べると、願い事がかなうとも言われています。
恵方巻って何?毎年向いて食べる方角が違うのはなぜ?
節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになりました。
恵方とは、その年の幸福を司る年神様のいる方角のことで、その年の最もよいとされる方角です。1年ごとに巡ってくる十干と十二支により、その方角が変わります。
恵方巻を食べる風習はもともと関西で行われていたものですが、その後、マスコミなどに取り上げられ次第に全国に広がっていき、今ではスーパーやコンビニでも恵方巻を買うことができるようになりました。
今年の恵方は「東北東」です!

鬼蒸しパン

材料(子ども1人、大人2人)
★小麦粉 … 80g
★ベーキングパウダー … 2.5g
・食塩 … 少々
・豆乳 … 60ml
・砂糖 … 16g
・さつまいも … 1/2本
・油 …大さじ1/2
作り方
①さつまいもは1cmの角切りにし、水にさらしておく。
②★を合わせてふるい、食塩、砂糖を加えて軽く混ぜる。
③②に豆乳を加え混ぜ、さつまいもを加えてざっくり混ぜる。
④蒸し器で15分ほど蒸して完成。

2月19日(火)は、食育メニューです!

・わかめごはん
・魚と大根の煮物
・五色和え
・白菜と油揚げのみそ汁
・みかん

白菜の紹介
 白菜は鍋料理や漬け物に欠かせない野菜です。
水分が多くて歯ざわりも良く、クセがなくてヘルシー。煮込むと甘味が出てとろけるようなやわらかさになり、漬け物にするとほどよい食感を残したまま味がよくしみこみます。

pagetop