このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

おたより
Letter

園だより

『すべての子どもの最善の利益のために』の理念のもと、「子どもが今を幸せに生きる」「すべての子どもに、明日を生きる力が育つ」を目指して保育に取り組んでいます。

もうすぐ七夕。子どもたちも七夕飾りを作っています。皆さんはどんな願いをしますか?
みんなの森こども園では、食事の前や、活動の前などに「お名前呼び」をします。名前を呼ばれたときの子どもの声や表情は、本当に様々です。拍手しながら「いい声だね。」「やさしい声だね。」「いいお顔で返事したね。」「手がまっすぐ上がったね。」「きれいに座っているね。」「今日は外でいっぱい遊んだね。」などと、一人一人の声や表情にこたえていきます。周りの友だちに拍手をされるととても嬉しい表情を見せてくれます。子どもの声を聞き、本気で顔や姿勢を見ることが大事です。子どもの声を聞き、顔を見ることは、子どもの気持ちを受け止め、子どもが今ここにいることを受け止めることです。そして、「ここに今あなたがいることがうれしいよ。」という大人の気持ちを伝えることなのです。中には、返事もしないし手も挙げない子もいます。そういうときはどうするか。私は拍手して「○○ちゃんもいます。」などと言います。実際、そこにいることは子どもにとって一つの達成なのです。当たり前のことを喜び、認めるということは子どもを育てるときに一番大事なことだと考えています。

私や先生たちがお名前呼びの時にやろうとしていることは、子どもの今の姿をそのまま認めることと、子どもができたこと、できるようになったことを喜び、「こういうふうに育ってほしいんだよ。」という「願い」を伝えることです。この二つをともに続けることで、どの子もいつか返事ができるようになり、4歳児や5歳児になったときは、本当にいい声でしっかり返事ができるようになります。

「どの子もほめる」「あたりまえのことをほめる」ことと、「叱るのは、人に迷惑をかけることや危険なことをやめさせるとき」ということです。ルールはきちんと教える必要があります。でも、何かをさせようとして(例えば「ちゃんと返事をしなさい。」などと)怒ってはいけないということです。大人の願いを子どもに伝え、少しでもできるようになったことを喜び、そして、子どもがやる気になるのを待つことが大事だと感じています。みんなの森こども園の子どもたちが自信を持って、次へのやる気を持つことができるように願いを込めて、日々職員と共に子どもに関わっていきたいと思います。

おしらせ

バスの運行について
9月6日(金)はぞうぐみのお泊り保育のためバスの運行はお休みです。
令和2年度 1号認定説明会について
説明会日時:令和1年8月31日 午後の予定
願書 受付:令和1年10月1日(火)
退職
6月30日付け 渡部保育教諭(星グループ)
4年3か月お世話になりました。
園の電気点検
7月13日(土)18:00~
園の電気点検のため停電となります。
月極めの申し込み
8月の月極めの申し込みは、7月20日までです。
土曜日の出欠について
土曜日の適正な職員配置計画を作成するため、早期に正確な欠席者数の把握が必要となっています。
土曜日欠席される方は、欠席の登録をお願いします。
水遊び・プールの日程
水遊び・プールの日程については、グループだより・にこにこだよりをご確認ください。

今後の行事のお知らせ

各行事とも詳細は後日ご案内します。
◎8月13・14・15・16日は、バスの運行はお休みです。
◎8月13日 お弁当日
◎8月17日(土)卒園児(1年生)同窓会

今月の行事

pagetop